さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


十勝自然保護協会 活動速報

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2018年10月09日

自然保護と訴訟 ~佐幌岳のナキウサギ生息地保全を求めた裁判を終えて~

『自然保護と訴訟 ~佐幌岳のナキウサギ生息地保全を求めた裁判を終えて~』

 佐幌岳北斜面、頂上近くにあるナキウサギ生息地を開発から守ろうと、2013年、市民とNGOが起こした裁判で、裁判所は原告たちの当事者適格を認めず、また原告たちの人格権よりも開発者の経済的利益を優先させました。日本の自然を守るために、企業、行政、司法に求められるものは何でしょうか。ともに考えてみましょう。

日時 11月24日(土)13:30~17:00
場所 とかちプラザ講習室402(帯広市西4南13)
講師 市川利美氏(サホロ・ナキウサギ裁判原告/ナキウサギふぁんくらぶ
   代表)
   『ナキウサギがいるのにいない?! ~開発者の論理と行政~』
   市川守弘氏(サホロ・ナキウサギ裁判弁護団長)
   『日本では市民は自然を守ることができない? ~あまりに狭すぎる
   当事者適格~』
参加費 500円
ナキウサギふぁんくらぶと共催
  

Posted by 十勝自然保護協会 at 10:51Comments(0)講演会・学習会 等

2018年10月09日

もっと知ろう ヤチカンバ 観察会と学習会

『もっと知ろう ヤチカンバ 観察会と学習会』

 ヤチカンバは今から60年前の1958年に更別村で発見され、1963年に北海道天然記念物に指定されました。保護区では、乾燥化による影響で本来見られなかった植物が侵入繁茂して、ヤチカンバの天然更新が難しくなっています。観察会では、ヤチカンバや他の植物の特徴を知り、基盤である十勝坊主も観察します。勉強会では、ヤチカンバの魅力をもっと知って、保全へ向けたいろいろな課題を考えましょう。

日時 10月20日(土)13:00~16:30

 13:00~13:30(受付12:40)上更別保護区で観察会(柵外から)
 14:00~16:30 更別村農村環境改善センター視聴覚室で勉強会
 講師:若原正博氏(植物研究家)
 参加費:無料
 申し込み:不要  *勉強会からの参加でも構いません。
  

Posted by 十勝自然保護協会 at 10:45Comments(0)講演会・学習会 等

2018年10月08日

モアショロ原野螺湾足寄停車場線に関する質問への回答



 モアショロ原野螺湾足寄停車場線に関する質問に対し、帯広建設管理部から以下の回答がありました。

********************


十帯建道第30号
平成30年9月21日

十勝自然保護協会
 共同代表 安藤 御史様
      佐藤 与志松様
帯広建設管理部部長 千葉 正彦


モアショロ原野螺湾足寄停車場線に関する質問について


 日頃から北海道が行う道路行政にご協力ご鞭撻を頂き誠にありがとうございます。
 さて、2018年9月1日付けで貴会から送付のありましたご質問及びご意見につきまして、次回の「モアショロ原野螺湾足寄停車場線環境影響に関するワークショップ」において、お答えすることとして考えております。
 今後とも何卒ご協力方よろし<お願い致します。

(事業室道路課)

  


Posted by 十勝自然保護協会 at 11:00Comments(0)道路問題

2018年10月08日

モアショロ原野螺湾足寄停車場線に関する質問

 モアショロ原野螺湾足寄停車場線に関して帯広建設管理部に以下の質問書を送付しました。

********************


2018年9月1日

北海道十勝総合振興局 帯広建設管理部長 様

十勝自然保護協会 共同代表  安藤 御史
                           佐藤与志松


モアショロ原野螺湾足寄停車場線に関する質問


 当会は「一般道道モアショロ原野螺湾足寄停車場線 モアショロ原野地区の環境影響に関するワークショップ(以下WS)」に参加して、当該地区の生態系・生物多様性の保全、景観の保全の立場から質問するとともに意見を述べています。
 しかし、限られた時間のため疑問点が解消される機会があまりなく現在にいたっております。今後の議論の深化のために現段階で疑問点を質問したく存じます。
 以下の記述にあたっては、2016(平成28)年以降に開催された懇談会の議事概要等資料(ホームページ掲載)およびWSの資料(ホームページ掲載および現地視察配布資料)と討論に基づいています。

 現段階での計画路線は、国立公園内を一部改変するもので、改変区間も含めオンネトー側はエゾマツ・アカエゾマツを主体とした森林で林床部は各種の蘚苔類で覆われて特異な景観を呈しています。蘚苔類の追加調査では、北海道では報告例がないあるいは少ないなど特筆すべき種も確認されています。
 また、計画路線は、コントロールポイントの一つ「極力大きな平面曲線半径、緩やかな縦断勾配を採用する」を重視していると思われまが、ほとんど全線が切土・盛土で連続しており、同じコントロールポイントとしての「大規模な切土・盛土を避ける」ことには重きがおかれていないと考えます。
 WSで当会も発言していますし、他の方からの指摘もありますが、切土・盛土は法面形成を伴う工法となりますので環境への様々な影響を与えます。とくに計画路線では幅40m前後の開放空間が多数できるとの説明がありましたが、光条件の変化や乾燥化による植生の変化、動物の移動への障害、外来植物侵入の機会の増加、など多くの懸念が生じます。

(1)計画路線は雌阿寒岳噴火時の避難路との位置づけですが、噴火時にこの道路を使うと想定されている人の数や車両の台数についてご教示ください。
(2)道路線形の検討において、2016(平成28)年第1回懇談会では5つの案が提示され3つのコントロールポイントより「第5案」を採用したと2017(平成29)年WS(11月1日)では簡潔に説明されました(第5案も後に修正されたとのことですが)。第5案は森林の大幅な開削を伴います。第1~3案はともかく、第4案は、オンネトー側での森林の大幅な開削を伴わず現道を一部利用した形です。第4案が除かれた詳細な理由はどのようなものでしょうか。
(3)計画路線上の森林において伐採予定の材積をご教示ください。
また、当該区域には大径木の樹種が多数あります。エゾマツ・アカエゾマツその他広葉樹を含め胸高直径30cm以上の樹木について胸高直径・本数をご教示ください。
(4)計画路線では道路建設とそれに伴う法面形成のための表土除去、被覆などによる総
面積はどれくらいなのでしょうか?
(5)法面形成を伴わない工法について、以下の方法は検討されたのでしょうか。検討さ
れたのでしたら採用しなかった理由をお聞かせください。また、検討されていなけれ
ばぜひ検討いただき採用されることを願うものです。なお、工費もご教示ください。
① 可能な限り現道路を使う方法
② 現道路をもとに橋梁を多用する方法
③ 切土予定部には、法面を形成せず、垂直相当の擁壁(箱状になる)を作り、何か所か上部に動物移動路をつけるという工法(外来植物の侵入も少なくなる)。また、盛土予定部には、法面を形成せず、橋梁化する工法(下部は空間が形成されるので動物移動が容易になる)。

 以上について、ご多忙とは存じますが9月21日までにご回答いただきたく存じます。

  


Posted by 十勝自然保護協会 at 10:51Comments(0)道路問題

2018年09月22日

大樹町海岸の自然環境の保全に関わる質問についての回答

 大樹町海岸の自然環境の保全に関する質問書に対し、以下の回答がありました。

********************


樹住民第887号
平成30年9月14日


十勝自然保護協会
 共回代表 安藤御史 様
      佐藤与志松 様

大樹町長  酒森正人


   大樹町海片の自然環境の保全に関わる質問
   ~IST社の口ヶツト打上げに関連して~
 2018年9月1日付けで送付のありましたこのことについて、次のとおり回答いたします。



1 機体本体は実験場内のコンケリート部分にとどまっており、部品や破片が一部周辺に飛散しました。回収にあたっては大樹町役場の立会いのもと車両等重量物を使川せず人力によることとし.そのように実行されました。
2 「当縁湿原を含む十勝海岸湖沼群が貴重な資源と考えている」ことは、先に回答したとおりであります。今後、実験場の拡張および移転を含めた機討にあっては、この点に十分配慮してまいりたいと考えております。

(住民課住民活動係:6-2116)

  


Posted by 十勝自然保護協会 at 10:21Comments(0)大樹町航空宇宙開発

2018年09月22日

大樹町海岸の自然環境の保全に関わる質問

 大樹町長に以下の質問書を送付しました。

********************


2018年9月1日


大樹町長  酒森 正人 様

十勝自然保護協会 共同代表  安藤 御史
      佐藤与志松

 
大樹町海岸の自然環境の保全に関わる質問
~IST社のロケット打ち上げに関連して~


 十勝海岸は、その湖沼群が環境省の「重要湿地」に選定され、また、海岸草原・カシワ海岸林・自然海岸・水鳥類大規模飛来地などがあることから「北海道自然環境保全指針」において「保全を図るべき自然地域(すぐれた自然地域)」に指定されています。当会は、このような十勝海岸の自然の貴重さを後世に伝えることが重要であるとの立場で広く保全を訴えています。
 去る6月30日、インターステラテクノロジズ(以下IST)社はロケットの打ち上げに失敗し、落下炎上した機体の一部が実験場周辺に飛散しました。当会は翌日実験場周辺の視察を行いましたが、一部の植生では高熱の飛散物により焦げた跡が確認されました。飛散方向が湿原側ではなかったとはいえ実験場周辺は海岸草原であり、浜大樹海岸に特異的にみられるガンコウランも生育しているところです。
 当会はすでに2016年9月17日付「当縁湿原とその周辺の自然環境の保全に関わる要望書」において、IST社の姿勢制御実験機体回収時の植生破壊、司令所建設地選定などをめぐり、今回のようなロケット打ち上げ失敗を想定して次のような懸念を表明しています。
 「…万が一、発射時・発射後に爆発し破砕部が飛散したとき破砕部が500m飛散するとすれば当然湿原内に落下する。その場合、湿原に入って回収するのか。微小なものまで回収できるのか。…」
 これに対してはそのようなことは想定していないとの見解でした。
 今回の落下炎上の件に関わり、事後、当会役員が貴町担当職員と面談し状況などの説明を受けるとともに、当会の要望を口頭で伝えているところですが、改めて書面を提出いたしますので、ご検討いただきたく存じます。ご多忙とは存じますが、9月16日までにご見解を回答くださいますようお願いいたします。

1 IST社に対しては今回の件に関し事後どのような指導を行ったのでしょうか。また、それに対するIST社の対応をご教示ください。
2 IST社は、今後、次の段階としてロケットを大型化していくとの情報をうかがいました。
 現在の実験場で事業を進めるならば必然的に場所の拡張が想定されますが、周辺の海岸草原・湿原植生への影響が現在より大きくなります。さらには、万が一の事故による今回のような被害が引き続き懸念されます。
貴職は、2016年6月23日付、当会の要望書への回答のなかで「当縁湿原を含む『十勝海岸湖沼群』が環境省の『生物多様性の観点から重要度の高い湿地』に選定されていることも承知しておりますし、貴重な資源と考えているところでもあります。」との重要な認識を示しておられます。
 今後「航空宇宙産業基地構想の推進」と「自然環境の保全」の両立をどのようにして行かれるのでしょうか。両立が難しい場合の実験場の移転を含めご見解をうかがいたく存じます。
 
以上


  


Posted by 十勝自然保護協会 at 10:17Comments(0)大樹町航空宇宙開発

2018年03月17日

十勝自然保護協会主催 春の講演会のお知らせ

『北海道・十勝の自然と昆虫 ~今、小さな生き物に学ぶ~』
4月8日(日)13:30~15:30(13:00開場)
講師 岩佐光啓氏(帯広畜産大学名誉教授 環境昆虫学・昆虫分類学)
参加費 200円(会員・学生は無料)

『シバレル大地の土饅頭 ~十勝坊主とその仲間~』
4月28日(土)14:00~16:00(13:30開場)
講師 小疇尚(こあぜ たかし)氏(明治大学名誉教授 自然地理学・地形学)
参加費 500円(会員・学生は無料)

どちらも
会場 とかちプラザ視聴覚室(帯広市西4条南13丁目1)
申し込み 不要
問い合わせ 十勝自然保護協会事務局(川内 Tel/Fax 015-572-4012)
  

Posted by 十勝自然保護協会 at 15:37Comments(0)講演会・学習会 等

2018年03月17日

大樹町海岸の自然環境の保全に関わる要望についての回答

 大樹町海岸の自然環境の保全に関する要望書に対し、大樹町長から以下の回答がありました。

********************


樹住民 第169号
平成30年3月9日


十勝自然保護協会
共同代表 安 藤 御 史 様
     佐 藤 与志松 様

大樹町長   酒 森 正 人


大樹町海岸の自然環境の保全に関わる要望について(回答)


 2018年2月22日付けで送付のありましたこのことについて、次のとおり回答いたします。



 この度ご要望のありました3点について、回答させていただきます。
1 「環境調査」に関して
(1)植物調査
 2018年度も継続し、浜大樹地区の植物調査を実施する予定としています。
(2)鳥類調査
 2017年12月に開催された貴協会主催のシンポジウム「十勝海岸の自然を考える~湿地・湖沼・海岸線の現状と将来~」でのご報告を受け、大樹町の臨海部も渡りの中継地として重要な地域であることを認識しております。過去20年でシギ・チドリ類が、減少しているとのご報告もありましたので、渡り時期の調査を実施する予定としています。
 また、夜間に活動するクイナやヨシゴイ等の潜行性の鳥類の把握が出来ていないことが課題として挙げられていましたので、繁殖期の夜間調査を実施する予定としています。
(3)水質調査
 射場の規模や必要な設備等を検討している状況です。射場整備の内容が確定するには、まだ検討を要しますので、方針が決まり周辺の水域への影響が予測される場合には、水質調査の実施を検討していきます。
 なお、臨海部の水質の現況については、生花苗沼等で研究機関が実施した調査結果内容を入手し、把握したいと考えております。

2  IST社の指令所等の設備に関して
(1)について  今後、ハンノキが萌芽した場合の枝打ち等は、必要最小限となるように指導してまいります。
(2)について  敷設したケーブルの一部が湿生草原内を通過していますが、保守点検等で立入ることは少なく、裸地が生じることはないと考えています。今後、ケーブルの再敷設等を行う際には、湿生草原内の関連を考慮するよう指導してまいります。

3  1ST社の次期ロケット発射時期に関して
 報道にありました次期ロケット発射時期について、現時点では確定しておりません。準備作業も含め、実験場周辺では周辺環境に十分な配慮をするよう指導してまいります。

(住民課住民活動係:6-2116)
  


Posted by 十勝自然保護協会 at 15:27Comments(0)大樹町航空宇宙開発

2018年03月17日

大樹町海岸の自然環境の保全に関わる要望

 大樹町長に以下の要望書を送付しました。


********************



2018年2月22日


大樹町長  酒森 正人 様

十勝自然保護協会 共同代表  安藤 御史
佐藤与志松


大樹町海岸の自然環境の保全に関わる要望


 十勝海岸は、その湖沼群が環境省の「重要湿地」に選定され、また、海岸草原・カシワ海岸林・自然海岸・水鳥類大規模飛来地などがあることから「北海道自然環境保全指針」において「保全を図るべき自然地域(すぐれた自然地域)」に指定されています。当会は、このような十勝海岸の自然の貴重さを後世に伝えることが重要であるとの立場で広く保全を訴えています。
 当会は、昨年6月6日付で、貴職あてに大樹町海岸の自然環境の保全に関わり、日本工営株式会社札幌支店に委託している「大樹町多目的航空公園を活用した地域活性化方策及び施設整備検討調査並びに環境影響評価の実施業務(以下環境調査)」について、また、インターステラテクノロジズ(以下IST)社のロケット打ち上げに関わる設備について要望書を提出し、同年6月19日付で、貴職より回答をいただきました。
 その後、この件に関わり、当会役員が貴町担当職員と複数回面談し環境調査の進捗状況などの説明を受けるとともに、当会の要望を口頭で伝えているところですが、改めて書面を提出いたしますので、ご検討いただきたく存じます。ご多忙とは存じますが、3月9日までにご見解を回答くださいますようお願いいたします。

1 「環境調査」に関して
 最終年度になる2018年度の調査について、すでに終了した2017年度調査の状況から次の点を要望します。
(1)植物調査
 とくに当縁湿原を有する「浜大樹地区」については、重要種が極めて多く生育するので十全な調査を要望します。
(2)鳥類調査
①当初計画では、ガン・カモ類の調査を、渡り時期に行うことになっていますが、十勝海岸には、シギ・チドリ類も飛来します。この点についても、十全な調査を要望します。
②夜間に活動する湿原性の鳥類重要種についても十全な調査を要望します。 
(3)水質調査
 当初計画では水質調査の実施が明確になっておりません。該当地区の河川・湖沼について水質調査を要望します。

2 IST社の司令所等の設備に関して
(1)司令所から射場を見通すために一定の範囲内で伐採したハンノキ類について
 ハンノキ類が生育する湿原境界域が乾燥していく恐れとそれにともない湿原外の植物、ミヤコザサの繁茂や外来種の侵入が懸念されます。今後、ハンノキが萌芽した場合、必要最小限の枝打ちにすべきです。
(2)射場までのケーブルの敷設にについて
 湿生草原(湿地)の縁、カシワ林に沿う乾生草原にケーブルが敷設されましたが、一部が湿生草原内を通過しています。湿生草原およびカシワ林に沿う乾生草原には貴重種が少なくありません。保守点検等のため裸地が生じ、環境への負荷が増大する懸念があります。当会が敷設前に求めたカシワ林内への移動を要望します。

3 IST社の次期ロケット発射時期に関して
 今春、発射するとの報道がありますが、射場周辺は多数の野鳥の生息地であり、この時期は繁殖期に当たります。とくに湿原周辺に生息する国指定天然記念物タンチョウは抱卵期ないし幼鳥歩行期に相当します。人の接近や騒音に対して敏感になっている時期です。十全な配慮をすべきです。
 
以上
  


Posted by 十勝自然保護協会 at 15:16Comments(0)大樹町航空宇宙開発

2018年01月21日

2016シンポジウム記録集『十勝の自然を考える ~湿地・湖沼・海岸線の現状と将来~』を出版

 一昨年2016年12月3日に行われたシンポジウム『十勝の自然を考える ~湿地・湖沼・海岸線の現状と将来~』の記録集を出版しました。

 矢部和夫氏(札幌市立大学教授)『十勝海岸の2つの自然草原 ~湿原と海岸草原の特徴と希少性~』、藤山広武氏(十勝の自然史研究会会長)『十勝海岸湖沼群の成り立ち』、百瀬邦和氏(特定非営利活動法人タンチョウ保護研究グループ理事長)『十勝海岸の水鳥類 ~タンチョウ・ガンカモ類・シギチドリ類~』、白井温紀氏(一般社団法人湿原研究所事務局長 タイキ・フローラ世話人)『当縁湿原の植物 ~市民調査から~』の講演(スライド含む)と持田誠氏(浦幌町立博物館学芸員)の司会によるパネルディスカッションを採録しています。

 十勝海岸はさまざまな開発が進み、その貴重な自然が危うくなっています。十勝海岸の湿地湖沼や海岸線に関わる植物・鳥類・地質の入門書としても最適です。

A4版:41ページ  頒価:500円
購入希望の方は「ゆうメール」で郵送します。

1冊分:500円+送料180円  2冊分:500円+送料300円を、当会の郵便振替口座に入金してください(通信欄に「記録集○冊希望」と明記。手数料は本人負担でお願いします)。

郵便振替口座:02790-2-34008  加入者名:十勝自然保護協会

 なお、次の施設でも取り扱っています。
・エコ・ネットワーク(札幌市北区北9西4エルムビル8階)
・帯広百年記念館〈友の会扱い〉(帯広市緑が丘2)
・ひがし大雪自然館(上士幌町ぬかびら源泉郷)
・足寄動物化石博物館(足寄町郊南1丁目29番25)
  

Posted by 十勝自然保護協会 at 20:33Comments(0)お知らせ