さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年02月22日

北海道知事に十勝海岸の自然環境保全について質問書

2017年2月20日付で、北海道知事に十勝海岸の自然環境保全について質問書を送付しました。

北海道の航空宇宙分野の研究開発に関わる質問

当会は、十勝地方の自然を保全し、自然環境の保護育成につとめ、生活と文化向上に貢献することを目的に、さまざまな活動をしています。
 本年1月18日、帯広市において開催された北海道主催「北海道航空宇宙セミナー」において配布されたパンフレットと展示されたパネルに掲載された図(別紙)に関連して質問いたします。
 経済部産業振興局科学技術振興室が編集したパンフレット『国内有数の実験フィールド北海道』の北海道スペースポート研究会の欄にスペースポートのイメージとして日本スペースイメージング作成の図が掲載されています。この図には、既存の大樹町航空公園滑走路以外に何か所かのスペースポートとアクセス道路などが大樹町十勝海岸一帯に描かれています。また、北海道宇宙科学技術創成センターHASTICのイメージ図には、パネルに掲載されたもの以外にも同様なイメージ図がすでに紹介されています(別紙)。
 スペースポートとして構想されたこの一帯には、環境省が「生物多様性の観点から重要度の高い湿地(略称「重要湿地」)」として選定している「十勝海岸湖沼群(当縁湿原および周辺農地,ホロカヤントウ,キモントウ生花苗沼,湧洞沼,長節沼,十勝川河口湿原など)」が存在します。さらにこれにとどまらず、ガンコウランを主体とした風衝草原、希少種の多い海岸草原、長大なカシワ海岸林などのさまざまな植生がこの地域の生物多様性を豊かなものにしています。そして長大な自然海岸は今や貴重なものとなっています。
 提示されたイメージ図には、スペースポートが上記の貴重な自然環境に重なったり、あるいは極めて近接して図示されています。
 北海道スペースポート研究会、北海道宇宙科学技術創成センターには北海道も関与されているとのことから、次の2点について質問いたします。

(1)スペースポートのイメージ位置を決めた根拠は何か。その際、上記の自然環境をどの程度考慮したのか。
(2)上記の自然環境について、北海道として今後どのように保全していく考えか。

ご多忙と存じますが3月9日までに回答いただきたく存じます。
  


Posted by 十勝自然保護協会 at 17:38Comments(0)大樹町航空宇宙開発

2017年02月22日

大樹町長に環境影響調査についての要望書

2017年2月20日付で大樹町長に環境影響調査について要望書を送付しました。
 
「環境影響調査」に関わる要望

 当会は本年1月19日付で貴職に「大樹町海岸とその周辺の自然環境の保全に関わる質問」を提出し、1月26日付で貴職より回答がありました。
 この回答の中で、環境調査は「平成28年度 大樹町多目的航空公園を活用した地域活性化方策及び施設整備検討調査並びに環境影響調査の実施業務」として、日本工営株式会社札幌支店に委託するとされています。
 このことに関して、2月17日に当会役員が貴町担当職員と面談し説明をうかがい、当会の一定の要望を口頭で伝えましたが、改めて書面で要望いたしますので、ご検討いただきたく存じます。

(1)2016(平成28)年度は「文献調査」とのことですが、調査終了後、参考文献等のリストを含めた報告書をご提示いただきたく存じます。
(2)2017、18(平成29、30)年度には、新たに契約された委託先により現地調査が行われるとのことですが、調査区域と内容が決まり次第ご教示ください。なお、当会は貴職の回答に記載されていた「多目的航空公園周辺及び十勝海岸湖沼群、当縁湿原の沼沢湿原と低層湿原等」が調査対象範囲となるべきであると考えておりますことを申し添えます。

 年度末でご多忙とは存じますが、3月9日までにご見解を回答くださいますようお願いいたします。
  


Posted by 十勝自然保護協会 at 17:22Comments(0)大樹町航空宇宙開発

2017年02月01日

「大樹町海岸とその周辺の自然環境保全に関わる質問書」への回答

 1月19日付けの「大樹町海岸とその周辺の自然環境保全に関わる質問書」に対し、以下の回答がありました。

********************


樹 住 民 第6 8号
平成2 9年1月2 6日

十勝自然保護協会
 共同代表  安 藤 御 史 様
         佐 藤 与志松 様

大樹町長  酒 森 正 人
 

大樹町海岸とその周辺の自然環境の保全に関わる質問書について(回答)

 2 0 1 7年1月1 9日付けで送付のありましたこのことについて、次のとおり回答いたします。



 この度ご質問のありました4点について、回答させていただきます。

1(1)について
 環境影響調査につきましては、平成2 8年度「大樹町多目的航空公園を活用した地域活性化方策及び施設整備検討調査並びに環境影響評価の実施業務」として一括で公募型プロポーザル方式により選定を行い、2 0 1 7年1月6日日本工営株式会社札幌支店と契約いたしました。契約金額は16,988,400円(地域活性化方策、施設整備検討調査を含みます。)、業務期間は2 0 1 7年1月1 0日から2 0 1 7年3月3 1日までとなっており、経費は大樹町が支払います。
 調査対象範囲は町内の多目的航空公園周辺及び十勝海岸湖沼群、当縁湿原の沼沢湿原と低層湿原等を予定しております。
 2 0 1 7年度以降につきましては、現地調査などを計画しておりますが、年度ごとに予算計上し、契約、実施となる予定です。
 上記につきましては、現在、調整中のものを含んでおりますので承知ください。
2(2)について
 環境省に対しましては、事前に環境影響調査計画案を含め、ロケット打上げ計画等につきまして、環境省北海道地方環境事務所に提示し、助言等をいただくとともに協力をお願いする予定であります。
3(3)について
 IST社のロケット打上げに係る「仮設司令所」等の位置について、一般社団法人湿原研究所からの提案を受け、現在I S T社において計画案を作成中であり、ケーブル設置を含め、計画案が提出された後に説明させていただきたいと考えております。また、ISTのロケット打上げの時期ですが、エンジンの開発に時間を要しているため遅れておりますが、本年3月末から4月を目指していると伺っております。
4(4)について
 北海道航空宇宙セミナーにおけるパネル等に掲載の射場及び関連施設の配置につきましては、あくまでイメージ図であると認識しております。今後環境影響調査の結果を踏まえ、射場の在り方を検討して参りたいと考えております。関係近隣自治体には、今後射場の在り方検討について相談させていただくよう要請をしております。
 宇宙活動法の施行に伴う国に対する射場のアピールにつきましては、これまで同様、当町の射場としての優位性(南と東に海があるなど)をアピールして参ります。道路や施設の具体的な提示は、環境影響調査結果や環境省等の助言内容、国が求める精度等によって変わってくるものと考えており、現時点では情報を収集しながら対応して参りたいと考えております。

( 住民課住民活動係 : 6-2116 )

  


Posted by 十勝自然保護協会 at 22:08Comments(0)大樹町航空宇宙開発