さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


十勝自然保護協会 活動速報 › 講演会・学習会 等 › 自然保護と訴訟 ~佐幌岳のナキウサギ生息地保全を求めた裁判を終えて~

2018年10月09日

自然保護と訴訟 ~佐幌岳のナキウサギ生息地保全を求めた裁判を終えて~

『自然保護と訴訟 ~佐幌岳のナキウサギ生息地保全を求めた裁判を終えて~』

 佐幌岳北斜面、頂上近くにあるナキウサギ生息地を開発から守ろうと、2013年、市民とNGOが起こした裁判で、裁判所は原告たちの当事者適格を認めず、また原告たちの人格権よりも開発者の経済的利益を優先させました。日本の自然を守るために、企業、行政、司法に求められるものは何でしょうか。ともに考えてみましょう。

日時 11月24日(土)13:30~17:00
場所 とかちプラザ講習室402(帯広市西4南13)
講師 市川利美氏(サホロ・ナキウサギ裁判原告/ナキウサギふぁんくらぶ
   代表)
   『ナキウサギがいるのにいない?! ~開発者の論理と行政~』
   市川守弘氏(サホロ・ナキウサギ裁判弁護団長)
   『日本では市民は自然を守ることができない? ~あまりに狭すぎる
   当事者適格~』
参加費 500円
ナキウサギふぁんくらぶと共催


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(講演会・学習会 等)の記事画像
シンポジウム「大雪山国立公園トムラウシの地熱発電計画を問う」報告
今年も「とかち・市民環境交流会」で発表
講演会「自然保護の科学」報告
カシワ林持続の秘密は萌芽株バンク
環境交流会で発表しました 
同じカテゴリー(講演会・学習会 等)の記事
 もっと知ろう ヤチカンバ 観察会と学習会 (2018-10-09 10:45)
 十勝自然保護協会主催 春の講演会のお知らせ (2018-03-17 15:37)
 とかち・市民「環境交流会」2017 の案内 (2017-11-14 12:52)
 シンポジウム『十勝海岸の自然を考える ~湿地・湖沼・海岸線の現状と将来~』 (2017-10-31 11:47)
 講演会『自然保護と訴訟の課題 ~サホロ・ナキウサギ裁判控訴審に向けて~』 (2017-07-16 10:56)
 講演会 十勝海岸の支援を残し伝えていくために (2017-04-02 15:01)

Posted by 十勝自然保護協会 at 10:51│Comments(0)講演会・学習会 等
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自然保護と訴訟 ~佐幌岳のナキウサギ生息地保全を求めた裁判を終えて~
    コメント(0)