さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

ログインヘルプ


十勝自然保護協会 活動速報 › その他 › 帯広市環境保全推進会議解散等に関わる市長との懇談の要望

2020年12月13日

帯広市環境保全推進会議解散等に関わる市長との懇談の要望

 12月8日付で、帯広市長に以下の要望書を送付しました。

********************



2020年12月8日

帯広市長 米沢 則寿 様 

十勝自然保護協会共同代表 安藤 御史
佐藤與志松


帯広市環境保全推進会議解散等に関わる市長との懇談の要望書


 帯広市は令和2年(2020年)3月に、「第三期帯広市環境基本計画」(以下、基本計画)を策定しました。
 この基本計画策定にあたり、「帯広市環境保全推進会議」(以下、推進会議)の今後について、令和元年(2019年)第2回推進会議(8月22日開催)以来数度にわたって、事務局と推進会議委員との間で協議を行ってきました。
 2020年1月23日の第5回推進会議で、当会派遣の委員を通して当会は「地球温暖化の深刻化している中で、市民・企業・行政が協力して取り組みを進めなくてはならない時期に、推進会議を解散すべきでない」との見解を表明しました。
 その後、新型コロナの感染拡大に伴い、3月19日予定の推進会議を開くことができず、8月5日に第6回推進会議を開きました。この時には既に「基本計画」が策定されていました。
 第6回推進会議の中では、「解散やむを得ない」という意見が多く出されましたが、当会委員は態度を保留しました。その後、当会理事会で「やむを得ない」と追認することにし、9月23日に事務局に連絡しました。その際、推進会議の解散は帯広市の環境行政の後退に他ならないので、この件について市長と懇談の場を設けること、また「推進会議の活動のまとめ」をしっかり作成することを口頭で要望しました。
 9月30日に事務局から当会委員に「市長との意見交換の場は必要ない」また「活動のまとめの作成については、今は難しい、結論が出ていない」と電話で回答がありました。
 この問題について、当会理事会で協議した結果、市長に懇談の場を要望することを文書で改めて申し入れることとなりました。
 懇談の場では、下記について市長の見解をうかがうとともに、当会の意見を表明して、帯広市の環境行政の推進に寄与したいと考えています。
 つきましては、年末でご多忙と存じますが12月25日までに文書で回答下さいますようお願い申し上げます。


1 帯広市環境保全推進会議の評価と解散の理由について
2 基本計画の中にある「市・事業者・市民が協働して」という文言と推進会議解散の整合性について
3 基本計画の中にある「市・事業者・市民が協働して」という文言の具体化について 
4 「推進会議の活動のまとめ」の作成について   
以上



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(その他)の記事
 帯広市環境保全推進会議解散等に関わる要望への回答 (2020-12-26 21:50)
 地熱発電調査への申入れ (2013-10-08 08:47)
 泊原発の運転中止、廃止を求める声明 (2011-04-28 14:09)
 東大雪地域整備計画案への意見に対する回答 (2011-04-16 21:00)
 東大雪地域整備基本計画案への意見 (2011-03-14 22:10)
 十勝三股・糠平地区整備計画策定にあたっての意見書 (2010-12-17 22:39)

Posted by 十勝自然保護協会 at 21:14│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
帯広市環境保全推進会議解散等に関わる市長との懇談の要望
    コメント(0)