さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

ログインヘルプ


十勝自然保護協会 活動速報 › 日高山脈 › 日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に関わる再質問

2021年06月11日

日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に関わる再質問

 日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に関し、環境省北海道地方事務所に再質問書を送付しました。

********************


2021年6月9日


環境省北海道地方環境事務所長  安田 直人 様

十勝自然保護協会 共同代表 安藤 御史
佐藤与志松


日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に伴う動きについての再質問書


 当会は、本年3月27日付で貴職あてに日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に伴う動きについての質問書を提出し、4月26日付(環北地国第 2104264 号)で回答をいただいたところです。
 5月21日、新設された帯広自然保護官事務所の自然保護官と面談し、当会の国立公園化に対する意見要望を伝えました。その点も踏まえ、以下に質問をいたします。

(1)自然保護官との面談において、「国立公園化にあたり区域の拡張を検討している」との説明があり、その観点は「国立公園にふさわしい資質」とのことでした。当該地域における「国立公園にふさわしい資質」について具体的にご教示いただきたく存じます。
(2)新しい国立公園の名称について、当会は2月13日付で環境大臣あてに「十勝の名称を入れる」ことには反対の要望書を提出しているところですが、以下の点について、お答えいただきたく存じます。
① 名称はどこが決定するのか。その法的な根拠は何か。
② 決定する過程はどのようになっているのか。その法的な根拠は何か。
③ 関係自治体連絡会議で名称が議題になるのか(なったのか)。
④ 自然保護団体を含め、さまざまな意見や要望をどのように聴取するのか。
⑤ 名称は案として公表され、国民の意見聴取を行うのか。
(3)回答では、『ビジョン』の骨子案は、「関係自治体連絡会議の結果を踏まえて作成し、協議会で提示する」とあります。もちろん、協議会が発足してからも議論はされるべきではありますが、骨子案作成の過程で、関係自治体以外のさまざまな団体や専門家から意見を聴取しないのでしょうか。

 ご多忙とは存じますが、貴職のご見解を6月30日までに回答くださいますようお願い申しあげます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日高山脈)の記事
 「日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に伴う動きについての再質問書」への回答 (2021-06-25 20:58)
 日高山脈襟裳国定公園の国立公園化に伴う名称についての再要望書 (2021-06-16 19:56)
 日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に関わる質問への回答 (2021-04-27 21:38)
 日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に関わる質問 (2021-04-01 10:52)
 日高襟裳国定公園の国立公園化に伴う名称について環境省に要望書を送付 (2021-04-01 10:47)

Posted by 十勝自然保護協会 at 22:11│Comments(0)日高山脈
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日高山脈襟裳国定公園の国立公園化準備に関わる再質問
    コメント(0)